カードローンの一般的な特徴とは

カードローンと呼ばれるローンは、カードが発行される、多目的に利用できる、金利がやや高め、などの特徴があります。キャッシングと混同されやすいですが、キャッシングの場合はカードを発行せずに借りられる場合もあります。振込融資などその典型であり、指定口座に振り込んでもらうことができます。カードローンは基本的にATMで借入をします。

ただ、カードローンにも振込融資に対応しているローンはあるため、キャッシングとの明確な違いはないと言えます。用途は多目的ですが、完全なる自由とは限りません。色々な目的に使えるのが多目的ローンですが、一部利用条件に制限がある場合が多いです。用途欄を見たとき、事業資金やおまとめは除くと記載されていることが多いでしょう。

株式投資などの投機性の融資も不可とするローンもあります。ローンの申し込みをする前に、自分が借りたい目的のために利用できるか調べておく必要があります。審査を受けるときは、用途を記入しないといけないローンもあります。嘘の用途を記入してしまうと、借りられない可能性があるので注意しましょう。

金利は目的ローンよりも高めに設定されていますが、20.0%という上限が設けられています。昔は29.2%が上限だったので、以前利用していた方が現在のカードローンを利用すると驚かれます。消費者金融の金利だと、大体18%程度の利率で収まることが多いようです。銀行だとさらに低金利になり、14%や15%くらいで借りられることが多いです。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website