銀行系と消費者金融系カードローンの違い

自営業やフリーランスの方は、サラリーマンや公務員に比べると、決まった日に決まった額の収入があるわけではないので、支払いが遅れることもあります。支払いが遅れると、取引先の人の信用がなくなってしまうので、誰かに借金をしてでも支払った方がいいでしょう。しかし、周りに資金を貸してくれる人が、全然いないという場合は、銀行系や消費者金融系などのカードローンを利用するといいでしょう。ローンカードさえ発行してもらえば、提携コンビニATMから24時間いつでもキャッシングができます。

カードローンは今は、いろんな金融機関や貸金業者が扱っているので、自分のライフスタイルにあわせて利用しやすくなっています。自分の今の現状にあわせて業者を選ぶことが大事です。たとえば急いでお金が必要な場合は、銀行系に申込むと審査に時間がかかり、融資も遅くなってしまいます。そういう場合は、審査が早く即日融資にも対応している消費者金融系に申込むといでしょう。

今すぐにお金は必要ないけど、将来のためにローンカードを作っておきたい人は、金利が低く限度額が高い銀行系のカードローンに申込むといいでしょう。銀行系と消費者金融のカードローンの大きな違いは、総量規制があるかないかです。消費者金融系は総量規制があるので、年収の3分の1までしか借入ができませんが、銀行系は総量規制がないので年収を気にせず利用できます。収入のない専業主婦の方は、総量規制のない銀行系カードローンに申込むといいでしょう。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website